GitHubのサインアップ

広告

GitHubはソースコードのバージョンを管理できるサービスですけど、GitHub PagesとJekyllを使うとブログができるということでGitHubにサインアップしてみました。

環境

  • OS X El Capitan バージョン 10.11.2
  • Xcodeコマンドラインツール バージョン 2343
  • git バージョン 2.5.4 (Apple Git-61)

GitHub?

Where software is built Powerful collaboration, code review, and code management for open source and private projects. Public projects are always free.

GitHub

サインアップ

Xcodeコマンドラインツールを先にインストールしておきます。

ブラウザからGitHubにアクセスします。 usernameemailpasswordを入力してSign up for GitHubボタンをクリックします。

入力したメールアドレスにメールが届きます。 Verify email addressボタンをクリックします。

Your email was verified.が表示されます。

gitの設定

ターミナルからコマンドを入力します。

$ git config --global user.name "YOUR NAME"
$ git config --global user.email "YOUR EMAIL ADDRESS"

GitHubのアカウントが一つの場合はglobalに設定しておくことで問題はないですが、複数のアカウントを使おうとした場合に不都合があったので、自分はプロジェクトごとに設定しておくことにしました。

GitHubのパスワードのキャッシュ

ターミナルからコマンドを入力します。

git config --global credential.helper osxkeychain

次回からgitコマンドでGitHubの認証をするとキーチェーンにパスワードが保存されて、キーチェーンによる自動的な認証ができるようになります。 こちらも複数のアカウントを使おうとした場合に不都合があったので、自分は使用しないことにしました。

SSHで接続する方法もあるようですが、GitHubではHTTPSで接続する方法をオススメしているようでしたので、こちらの方法をとっています。

SSHで接続したい場合は、こちらを参考に設定してください。

HTTPSの2要素認証をしたい場合は、こちらを参考に設定してください。

設定の確認

$ git config --list
user.name=YOUR NAME
user.email=YOUR EMAIL ADDRESS
credential.helper=osxkeychain

終わり

Jekyllについて書いてみました。

参考

広告
広告