Xcodeコマンドラインツールのインストール

広告

Homebrewを使うのに必要だったのでインストールしました。

環境

  • OS X El Capitan バージョン 10.11.2
  • Xcodeコマンドラインツール バージョン 2343

コマンドラインツール?

これらのツールを使用すると、オープンソースソフトウェアのインストールや、ターミナルでの UNIX 開発が容易になります。

Xcode - 機能 - Apple Developer

インストール

Xcodeの本体はiOSのアプリを作るわけではないし、容量が大きいのでインストールしないことにしました。

ターミナルからコマンドを入力します。

$ xcode-select --install

インストールボタンをクリックします。 Xcodeの本体をインストールする場合はここでXcode を入手をクリックします。

同意するボタンをクリックします。

しばらく待ちます。

完了ボタンをクリックします。

確認

ターミナルからコマンドを入力します。

$ xcode-select -v
xcode-select version 2343.

その後

YosemiteからEl Capitanにアップグレードした時にコマンドラインツールが使えなくなっていました。 なので、改めてインストールしなおしました。 今後もOSをアップグレードするとそうなるのか。 System Integrity Protection(SIP)による影響なのか。

Security configuration is stored in NVRAM rather than in the file system itself. As a result, this configuration applies to all installations of OS X across the entire machine and persists across OS X installations that support System Integrity Protection.

Configuring System Integrity Protection

参考

広告
広告