Hexoを使ってみる

広告

Jekyllで記事を書いていますが、生成するのに2秒を超え始めてきました。 Jekyllは遅いみたいなので、早くなるかわからないですけどHexoを使ってみました。

環境

  • OS X El Capitan バージョン 10.11.3
  • git バージョン 2.5.4 (Apple Git-61)
  • Node.js バージョン 5.5.0
  • Hexo バージョン 3.1.1

Hexo?

A fast, simple & powerful blog framework

Hexo

インストール

Node.jsのパッケージマネージャーであるnpmとgitが必要なので、先にインストールしておきます。

Hexoはnpmでインストールするだけです。

$ npm install hexo-cli -g

セットアップ

Hexoのセットアップをします。 ここではblogという名前のディレクトリーとしてセットアップしています。

$ hexo init blog

セットアップしたら次のようなディレクトリー構造ができていました。 HexoのGet startedを見ると、この後にnpm installでパッケージをインストールする必要があるように見えますが、node_modulesディレクトリーができていて、すでに必要なパッケージがインストールされているようでした。

$ cd blog
$ tree -I node_modules -L 2
.
├── _config.yml
├── db.json
├── package.json
├── scaffolds
│   ├── draft.md
│   ├── page.md
│   └── post.md
├── source
│   └── _posts
└── themes
    └── landscape

5 directories, 6 files

themesディレクトリーが独立していて、Jekyllと違ってテーマの切り替えが簡単そうに見えます。 Jekyllの場合はテーマを切り替えるのに、テーマのディレクトリー構造をコピーしてきて、そこに記事を突っ込むしかないように見えたので、ここはHexoの方が良さそうです。

サーバー

Jekyllと同じようにローカルでサーバーを起動してサイトを確認できます。

$ hexo server
INFO  Hexo is running at http://0.0.0.0:4000/. Press Ctrl+C to stop.

http://0.0.0.0:4000/ にアクセスすると標準のテーマのサイトが確認できました。

記事を書く

ファイルの作成

新しい記事を書くには次のコマンドを入力します。

$ hexo new [layout] <title>

[layout]は省略すると_config.ymldefault_layoutに指定されているものになるようです。 セットアップした時はpostになっていました。

新しい記事のファイルはsource/_posts/<title>.mdに作成されています。 ここではfirst-postというタイトルで作成してみました。

$ tree source
source
└── _posts
    ├── first-post.md
    └── hello-world.md

1 directory, 2 files

内容は次のようになっていました。

---
title: first-post
date: 2016-02-12 10:49:08
tags:
---

ファイルの修正

適当に記事を書いてみました。

---
title: first-post
date: 2016-02-12 10:49:08
tags:
---
# First Post

{% codeblock Initialize lang:javascript https://hexo.io/api/#Initialize API | Hexo %}
var Hexo = require('hexo');
var hexo = new Hexo(process.cwd(), {});

hexo.init().then(function(){
  // ...
});
{% endcodeblock %}

記事の内容の確認

サーバーを起動して確認してみます。

$ hexo server
INFO  Hexo is running at http://0.0.0.0:4000/. Press Ctrl+C to stop.

テーマを適用してみる

Themes | HexoからHuemanを選んで適用してみます。

Installation · ppoffice/hexo-theme-hueman Wiki · GitHubに書いてある通りに進めてみました。

clone

Hexoで作ったサイトのディレクトリーに移動します。

$ cd [direcotry]

GitHubからテーマをcloneします。

$ git clone https://github.com/ppoffice/hexo-theme-hueman.git themes/hueman
Cloning into 'themes/hueman'...
remote: Counting objects: 1066, done.
remote: Compressing objects: 100% (79/79), done.
remote: Total 1066 (delta 35), reused 0 (delta 0), pack-reused 956
Receiving objects: 100% (1066/1066), 3.21 MiB | 1.37 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (566/566), done.
Checking connectivity... done.

サイトの設定ファイルの修正

Hexoで作ったサイトの直下にある_config.ymlthemehuemanに変えます。

theme: hueman

テーマの設定ファイルの修正

themes/hueman_config.yml.exampleの名前を_config.ymlに変えます。

$ mv themes/hueman/_config.yml.example themes/hueman/_config.yml

テーマの更新

テーマに変更があった場合は次のようにして変更を反映するようです。

$ cd themes/hueman
$ git pull

テーマの確認

サーバーを起動して確認してみます。

$ hexo server
INFO  Hexo is running at http://0.0.0.0:4000/. Press Ctrl+C to stop.

よくわからない言語で表示されているところもありますが、テーマが適用されました。

終わり

簡単に記事を投稿するところまでできましたので、Jekyllで作った記事を移行していこうと思ってます。

参考

28 March 2016 追記

GitHub Pagesにデプロイするところを書いてなかったので追記しておきます。

hexo-deployer-gitをインストールします。

$ npm install hexo-deployer-git --save

_config.ymlに次の内容を追加します。

deploy:
  type: git
  repo: <repository url> # リポジトリーのURL
  branch: [branch] # ブランチにpushする場合
  message: [message] # Commit message.(デフォルト:Site updated: {{ now('YYYY-MM-DD HH:mm:ss') }})

GitHub Pagesにデプロイするコマンドです。

$ hexo deploy

.deploy_gitディレクトリーに一時的にビルドした結果ができて、そこからGitHubにpushしているようです。

もともとJekyllで作っていたリポジトリーがGitHubにあっても綺麗に上書きしてくれました。

広告
広告