2018 年 3 月のトレードの結果

広告

2018 年 3 月のトレードの結果を書いておきます。

R 倍数分布

No. R 倍数
1 -1.04
2 -0.98
3 3.97

トレード回数は 3 回でした。 勝率は 1 ÷ 3 = 0.3333… 、 33.3 % でした。 期待 R 倍数(≒期待値)は 0.65 でした。

  • トレード回数: 3 回
  • 勝率: 33.3%
  • 期待 R 倍数(≒期待値): 0.65

サンプルサイズが少なすぎますが、期待 R 倍数(≒期待値)が 0.65 というのはすごいことだと思っています。

今月は、目標を 4R にしてみました。 期待値に貢献したように感じます。 でも、 3 つ目のトレードも決済した数時間後には大きく逆行していましたので、ギリギリです。

結果的に、 3 月は 2R の利益でした。

2018 年 1 月からの R 倍数分布

No. No. (月) R 倍数
1 1 -0.94
2 2 -0.92
3 3 -0.98
4 4 2.94
5 5 2.98
6 6 -0.95
7 1 -0.90
8 2 -0.93
9 1 -1.04
10 2 -0.98
11 3 3.97

1 月 から通して見ると、 5 連敗していたようです。 検証では 11 連敗した記録がありますので、それくらいは覚悟しておかなければいけないのかもしれません。

連敗数

そのシステムを使ってトレードしているときに連敗に遭遇してしまった場合は、連敗の数が平均連敗数より少なければトレードはそのまま続けるべきである。

高勝率トレード学のススメ No.5290

連敗数としては、平均連敗数を基準にするという意見があるようです。

ドローダウン

最大ドローダウンの2倍の大きさの連敗を乗り切れるだけの資金がなければ、そのシステムでのトレードはあきらめたほうがよいだろう。

高勝率トレード学のススメ No.5318

ドローダウン(資金的な面)としては、最大ドローダウンの2倍は覚悟しておかなければいけないようです。

逆マーチンゲール的な資金管理をしているので、単純な計算の通りにはなりませんが、 2% のリスクでトレードを続けていた場合、 20 連敗もしたら、 2% × 20 = 40% の資金を失ってしまうことになります。 恐ろしい。

期待 R 倍数、標準偏差、期待 R 倍数・標準偏差レシオ、システムの質

  • 期待 R 倍数: 0.204545455
  • 標準偏差: 2.003358997
  • 期待 R 倍数・標準偏差レシオ: 0.102101248

2 月 に引き続き、まだ、トレードが可能ではないほど悪い質のようです。 先月は 0.02 でしたので、 0.16 に近づいたという意味では評価できます。

R 倍数のことを書いた記事です。

終わり

1 月から 5 連敗していましたが、一貫したトレードを続けられたことは評価したいと思います。 5 連敗だと認識していなかっただけかもしれませんけれども。

広告
広告