npm をアップデートしました

広告

npm をアップデートしたことを書いておきます。

環境

  • Ubuntu: 16.04
  • Node.js: v8.9.4
  • npm: 5.7.1

メッセージ

npm でパッケージをインストールしようとしたら次のようなメッセージが表示されました。

   ╭─────────────────────────────────────╮
   │                                     │
   │   Update available 5.6.0 → 5.7.1    │
   │     Run npm i -g npm to update      │
   │                                     │
   ╰─────────────────────────────────────╯

どうやら npm 自身のパッケージがアップデートされているようです。 なので WSL の Ubuntu にも適用してみます。

確認

Ubuntu の npm はグローバルにインストールされていたかな?と思って確認しました。

$ npm -g list
/usr/local/lib
└─┬ npm@5.6.0
…略…

グローバルにあったようです。

WSL の Ubuntu の Node.js は次の記事でインストールしていました。

WSL の Ubuntu に Node.js をインストールする

インストール(失敗)

メッセージの通りに npm をインストールするコマンドを入力してみます。

$ npm i -g npm
…略…
Please try running this command again as root/Administrator.
…略…

やってしまいました。

root でないと /usr/local あたりに書き込む権限がなかったようです。

インストール(成功)

今度は、 sudo をつけてコマンドを入力してみます。

$ sudo npm i -g npm
[sudo] password for user:
/usr/local/bin/npm -> /usr/local/lib/node_modules/npm/bin/npm-cli.js
/usr/local/bin/npx -> /usr/local/lib/node_modules/npm/bin/npx-cli.js
+ npm@5.7.1
added 63 packages, removed 6 packages and updated 49 packages in 53.787s

エラーなく、インストールできたようです。

終わり

その後、必要なパッケージもインストールすることができました。

広告
広告