捨てることで感じたこと

広告

使わないものを不用品回収業者さんに回収してもらって、その時に感じたことです。

最近、「ミニマリスト xx」でよく検索してます。 「ミニマリスト ベッド」「ミニマリスト ソファ」とか。 もう流行りは過ぎたのかもしれないですけど・・ それでも今更ながら、以前から大きな家具とかを置くのが好きではないので、自分に合っているように感じています。

とりあえず、ベッドとソファとテレビを捨てたくて、自治体の粗大ごみ処分にすると運ぶのも大変そうだったので、業者さんに依頼してしまうことにしました。

5万円くらいの費用は覚悟して・・

テレビはヤフオクに出品すれば数万円にはなりそうだったけど、その手続きをする心理的な面倒さが大きかったので、合わせて業者さんに依頼しました。

回収前のもの

リストにしてみました。

  • キャリーカート
  • ベッド
  • 敷布団、掛け布団、毛布、タオルケット、枕
  • ソファ
  • カラーボックス
  • 引き出し
  • ギター
  • キーボード
  • 掃除機
  • スーツケース
  • 折りたたみ椅子
  • すのこ
  • アイロン
  • シュレッダー
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • スピーカー
  • Apple TV

これらを処分するのに全部で合計4万円と消費税の費用になりました。

あとは不燃ごみのときに捨てようと思っていたごみも処分してもらえました。

回収後の部屋

ベッドとソファとテレビがなくなったので、部屋がすっきりしました。 インターネットの回線終端装置とモデムが入ったボックスと、電源ケーブルだけのボックスと、電話機だけが部屋に残りました。 クローゼットには服とかがありますけど・・

買い替え予定

処分したものの中には買い替え予定のものもあります。

  • 布団

布団も何年も使っていたものなので、これを機に新しくしました。 ベッドじゃなくて、布団なので、常に部屋に出しておくことはなく、使っていないときはしまいます。

  • 電子レンジ、鍋、炊飯器

自炊はほぼしないですけど、電子レンジで温めるだけとかはしますので、新しくしました。 炊飯器は「カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん」にしました。 電子レンジでお米が炊けるので、自炊をしない自分でも面倒にならないくらい簡単です。

終わり

部屋のものを処分してみて、特にテレビとソファを処分してみて、寂しさや孤独、社会的な不安定さのようなものを感じました。 ものがない分だけ、今あるものを大切に使おうとも思いますし、急に出てきた孤独感のようなものから、今ある人間関係を大切にしようとも思いました。

言葉だけで「人間関係は大切」と言っても、どれだけ深くその意味を実感できるかという問題はあると思いますので、良い機会でした。

広告
広告